美味しいカニ見分け方

美味しい時間

   2月 09

それは通らない

“ついこの間、一人のとある凶悪犯が地検から逃げ出し、また捕まったと言う衝撃的な事件がありました。
その逃亡犯のもともと逮捕された罪は強盗、集団強姦などと報道されていますが、詳しくはわかりません。
が、報道されてる罪の部分だけでも、世間的には十分凶悪犯であることだけは確かです。

そんな再び捕まった男が、逃げ出した理由を供述しています。
いわく、「被害女性に会って謝りたかった」と。
・・・まあ、何と言いますか。
女性に集団で性的暴行を加えたと言う凶悪な反抗を行った集団の一人が?
事もあろうに地方検察の建物から逃げ出し?
そして、被害女性に会いに行って謝ろうとした?

そんな理屈、法が正常に稼動している国、世間の目が正しく働いている場所では通ってはいけません。

強盗・強姦などの荒々しい系の罪を犯した容疑で逮捕された男が、
裁きのシステムの一角を担う建物から逃亡するというリスクを犯してまで被害者に会いに行くとか、
「逆恨みでなにか良からぬ行為を行う目的があった」と思うのが普通ですからね。
たとえ仮に「被害者に謝りたい」というのが本当だとしても、
謝罪の機会や場すらも自在にならないという自分の今の立場を正常に省みる能力があったら
こんな事は絶対にしません。

ゆえに、彼の行動を弁護する方法は私の頭では思いつきませんね。”

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です