美味しいカニ見分け方

美味しい時間

   4月 17

毎日の生活を少しずつ改善するようにしました

「くすみ肌」という言葉からは暗い、加齢、不健康などネガティブなイメージばかりが浮かんできます。
たとえ現在のお肌の色がくすんでいても、若い頃はそうではなかったはずです。弾力のあるきめの細かな肌だったのでは。
くすみ肌に至るには、長年陽に当たった、化粧品を使った、単に年をとったという物理的な要因以外に、
心理面の要因が肌の印象に大きく影響を与えているように思います。

色白で肌の質がいいと密かに自慢している私ですが、
精神的につらいことが続き、気持ちが落ち込んでいた数年前はひどいくすみ肌をしていました。
鏡を見るたびに、私ってこんなに老けていたっけ、こんな色だったっけ、と悲しくなりました。
これではいけない、このままでは醜く、くすみ肌の老け顔になってしまう。
そう思い、毎日の生活を少しずつ改善するようにしました。

洗顔が基本だとどこかで聞いたことがあったので、毎日お風呂に入った時に丁寧に洗顔をしました。
化粧水と乳液を使うようにしました。
気持ちが少しでも上向きになるように、うれしいこと楽しいことを考え実践するようにしました。
例えば趣味の活動をする、ウォーキングをするなどです。

化粧品は資生堂を使ったことがあったのですが、強すぎて、香料もきつくて私の敏感肌にはあいませんでした。
食品の会社で出しているジーノという化粧品を試してみたら、肌の負担も少なく大丈夫そうでした。
その後ずっとジーノを使っています。くすみ肌はいつの間にか薄ピンク色の健康的な肌になりました。
自分に合う化粧品を選ぶこと。

そして毎日を前向きに楽しく生きることがくすみ肌から脱却する秘訣だと感じています。

もうひつとの大きなチャレンジはこの年になって脱毛サロンに行ったことです。
ついでにフォトフェイシャルなどもやってもらってしまいました。
顔脱毛をしたのですが、化粧のノリがよくなりますね。くすみも改善されたと思います。
まさか、脱毛サロンでこんな効果を期待できると意外でした。
でもキャンペーンだったので安くできたし、良い経験をしましたよ。
全身脱毛し放題

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です